我らRomaRo応援ショップ

工房チーフクラフトマン
塩﨑 敏伸さん

 近畿、中部地区でゴルフ場6倶楽部8コースを運営する信和ゴルフグループ。中でもゴールデンバレーゴルフ倶楽部は、国内屈指のコースレートを誇り、2014年には日本プロゴルフ選手権も開催されたチャンピオンコースだ。フジゴルフは、そんなゴルフ場のメンバーへのサービスショップとして立ち上げ、京都のど真ん中という立地にこだわる、創業53年を迎えた京都では老舗のゴルフショップだ。定休日明けの火曜日には、土日のラウンドを終えたメンバーさんが足を運び、店は賑やかになる。

「古くからのメンバーさんが多く、年齢層も幅広くご来店されています。まだまだクラブの売上ではナショナルブランドがメインですが、ここ数年はヘッドパーツの需要が高まってきています。ラウンドで仲間が飛ばしていたり、ネットで見たりして、『このクラブある?』というような会話が増えていますね」(チーフクラフトマン・塩崎敏伸さん)

 お客さんはフィッティングしてヘッド、シャフト、グリップを決めるセミオーダーに特別感を抱き、このクラブで自分のゴルフがどうなるかという楽しみを感じている。好評なのが試打クラブの貸し出しサービス。コースボールを使ってホームコースで試打ができるからこそ、はっきりとクラブの違いが分かるのだ。これは、お客さんにとっては嬉しいサービス。そんなパーツヘッドの中でも指名率が高いのがロマロだという。

「当時パーツと言えば、無印の安いものという印象がありました。それを変えてくれたのがロマロだと思うんです。デザインは格好いいし、柔らか過ぎず硬過ぎないちょうど良い打感。興味を持って試打した人はほとんど気に入りますよね」

 ニューシリーズのタイプRもお客さんの反応は良く、塩﨑さんは「より質が上がったのでは!」ともいう。

「性能が偏っていないので、誰でも使えるバランスの良さがロマロにはあります。前作のタイプRで人気が確かなものになって、今回のモデルでさらに……という感触はお客さんの反応を見ても感じますね」

 扱うパーツブランドの中でも主力となっているロマロ。これからも、大きな変化は求めないが、ロマロにしかできないもの作りを期待しているという。それはパーツブームに火をつけたブランドにしかできないこと。古都の中心地から、大きな信頼感が伝わってきた。

フジゴルフ京都本店
 
京都市中京区堀川通四条上ル東側 錦堀川町650番地
TEL 075-257-8033
営業時間 11:00~21:00(土日 11:00~19:00) 月曜休
http://shinwagolf.sakura.ne.jp/fujigolf/
Page Top
Copyright © 2014 RomaRo.All Rights Reserved.