• facebook
  • facebook
  • instagram

前へ
次へ
NEW Ray SX-R WEDGE
46°/48°/50°/52°/54°/56°/58°/60°
ロマロがもつ全ての技術を注ぎ込み、
多くのゴルファーがオートマチックにスピンを掛けられるモデル
ロマロが導き出した「スピンアップ」の答えハイパー・ヒート製法
HYPER-HEAT

角溝規制以来、ウェッジのフェースにはスピン性能を高める様々な工夫が施されてきた。現在、ルールギリギリの溝やその間を埋める高度なミーリングが主流となっているが、いまやその効果も上限近くまで来ている。ロマロでは、溝の加工以外でもスピン性能を高める可能性を追求。たどり着いた答えは素材を軟らかくすること。それが、「ハイパー・ヒート製法(hyper-heating process after molding)」。ヘッドを成型後に溶解するほどの高温で熱し、フェース面の硬度を極端に下げる製法。素材本来の硬さを軟らかくすることで、これまで以上に柔らかな感触を実現。ボールがフェースに乗るより柔らかな感触が、球持ちの良さとスピンの掛かりやすさを格段に向上させた。粘りある吸い付くような打感・打音は言うまでもなく、スピン性能、方向安定性、操作性、許容性等、ウェッジに求められる性能進化に大きく貢献している。

球が乗る食いつき感がいままでと違う
強い摩擦力でこれまで以上の高スピン
「軟らかヘッドの進化系ミーリングフェース」

フェース全面の平面精度とルール限界のスコアライン(溝)を削り出す精密機械加工に加え、溝と溝の間に刻むマイクログルーブを3方向からレーザーミーリング。フェースを開いて斜めに使う方向にも追加することで、ボールとの摩擦力を高めスピン量を増大させた。短いアプローチはもちろん、ウェットコンディションや打点のバラツキにも安定した高スピンを生み出す。

刺さらず滑る抜けの良さでダフリにも強い
高い方向安定性で狙う安心感をプラスした
「ハイバウンスのワイド・バレーソール」

打点の裏側を厚くしソール全体にボリュームをもたせ、緩やかな曲線でラウンドさせた新設計の「ワイド・バレーソール」。ソールにくぼみをもち、手前が低く後ろが高い2段形状が、様々な状況で抜けの良さとミスの許容性を高めている。ダフらせてもボールが拾いやすく、フェースに乗せながら押していける方向安定性に富んだモデル。トップブレードに厚みをもたせた「逆テーパーブレード」との相乗効果で、ヘッドの上下打点のバラツキにも強く、スムーズなヘッド挙動が安定した高スピンを確保している。

※新ワイド・バレーソール:インパクトで地面にコンタクトした際、ヘッドがぶれずに、振り抜き方向へソールを滑らせる直進性に富んだソール形状。

さらに柔らかい球持ちの良さで
どんな状況でもしっかりスピンが掛かる
新技術「ハイパー・ヒート製法」」

素材は軟鉄の中でも柔らかいS20C軟鉄。ヘッドを成型後に溶解するほどの高温で熱するロマロ独自の「ハイパー・ヒート製法(hyper-heating process after molding)」は、これまで以上にフェース面に柔らかな感触を生み出した。ボールがフェースに乗る非常に柔らかな感触が、球持ちの良さとスピンの掛かりやすさを向上させ、厳しいライからも安定したスピンを掛けて、しっかりボールをコントロールする操作性に貢献している。

Ray SX-R WEDGE-Spec
※ 表は横スクロールできます(スマートフォン閲覧時)
ヘッド:素材・製法・仕上げ S20C軟鉄・鋳鍛造 ※CNC加工
特殊熱処理加工(ハイパー・ヒート製法)+
CNCスコアライン+トリプルレーザーミーリング
銅下メッキ+ニッケルクロムメッキ・サテン&ミラー仕上げ
ロフト(度) 46 48 50 52 54 56 58 60
ライ(度) 63.5 63.5 63.5 63.5 63.5 64 64 64
FP(mm) 5 5.5 5.5 5.5 6 6 6.5 7
バウンス(度) 8 10 10 10 11 13 13 10
長さ(インチ) NS 950GH 35.5 35.5 35.5 35.5 35.5 35.25 35.25 35.25
総重量(±3g) NS 950GH(S) 444 444 444 444 444 448 448 448
シャフト NS 950GH
フレックス S
バランス D2
シャフト重量(g) 98
トルク(度) 1.8
キックポイント
※表示数値は設計値のため、個々製品と若干の誤差が生じる場合がありますのでご了解ください。
※クラブ総重量は目安としてお考えください。
※Assembled in Japan

■価格

NS 950GHシャフト:¥28,600(税込)

■グリップ

シンクログリップ CXタイプ(バックライン無)

ページのトップへ戻る